埋没法のいろいろなメリット

埋没法は一重まぶたを二重まぶたにする術式のうちの一つです。一重まぶたはきつい印象となる場合がありますが、二重まぶたに整形すると目がパッチリして印象が柔らかくなります。成功率は高いもののメスを入れて目を整形するのでは万が一失敗した時が心配です。しかし埋没法では医療用の針を使用し、医療用の極細の糸をまぶたの内側から留めているだけなのでメスは入れないです。メスを入れるのでは抵抗を感じる方でも手軽に受けやすいプチ整形と言うのが埋没法の一番のメリットです。15分ほどと短時間で終了しますのでお仕事で忙しい方でも大丈夫です。目にメスを入れる整形では術後から復帰できるまでのダウンタイムが長くなり、お仕事している社会人の方が受けるのは難しい事がありました。しかし埋没法ならダウンタイムが短いのですぐに復帰できる点も魅力です。その他にもメスを入れる整形よりも腫れにくい、即効性があるなどいろいろなメリットがあります。どんな術式にもメリットがあればデメリットもあります。埋没法では糸で留めているだけなので解けてしまうと元に戻る恐れがあります。その代わりに仕上がりが気に入らない時はすぐに元に戻せると言う事なのでデメリットは反面メリットにもなります。沖縄県にもある美容外科クリニックでは保証期間を設けている場合が多く、もし元に戻ってしまった時は無償で直して貰えます。人によっては埋没法が向かない可能性がありますので、気になる方はまずは沖縄県にもある美容外科の無料カウンセリングを受けてみるのがおすすめです。